産業医事務所 セントラルメディカルサポート

  • アクセス
  • サイトマップ

お問い合わせ

Column 記事

  • 2018.09.12

がん部位別生存率データ

2018年9月11日、国立がん研究センターは全国のがん診療連携拠点病院でがんと診断された患者の3年生存率、5年生存率を公表しました。

https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/brochure/hosp_c_reg_surv.html

がん全体の3年生存率は71.3%、5年生存率は65.8%でしたが、乳がんや前立腺がんの長期生存率が9割を超えていたのに対し、すい臓がんの5年生存率は1割程度と、部位によって予後が大きく異なることが示されました。

一般的に、がんが完治したか否かは5年間の経過観察で判断します。本データの生存率には再発患者数も含まれていますが、がんは3人に2人近くが治る病気になりつつあるといえるでしょう。また、60代で定年を迎えるまでに、6人に1人は一度はがんを経験する、といったデータもあります。こういった調査結果を生かして、各社でもがん患者の就労支援を強化・実行するようにしてください。

PAGE TOP