産業医事務所 セントラルメディカルサポート

  • アクセス
  • サイトマップ

お問い合わせ

Column 記事

  • 2019.03.18

(記事紹介)長時間労働と心筋梗塞

2019年3月15日 産経新聞「11時間超勤務で心筋梗塞増 リスク1.6倍に」

1日11時間以上働く中年男性は、7~9時間の標準的な勤務時間の人に比べて急性心筋梗塞を発症するリスクが1.6倍になるとする大規模調査結果を、国立がん研究センターや大阪大のチームが14日、発表した。特に会社員や50歳以上の人が長時間労働の影響が出やすいとしている。長時間労働と急性心筋梗塞の関係を指摘した日本での本格的な調査は初。疲労回復が不十分になったり、精神的ストレスが増加したりすることが原因とみられる。


残業時間が月80〜100時間(1日あたり4〜5時間)の長時間労働が続くと脳心臓血管障害リスクが2倍以上に上昇することが知られており、これは労災認定基準の一つとしても採用されています。しかし、労働時間と心身の健康問題に関する国内のエビデンスは少なく、日本人の労働者にとって長時間労働が実際にどの程度のインパクトがあるか、不明な点が少なくありませんでした。

本研究は日本人を対象とした大規模コホート研究(JPHC)の一環として行われ、長時間労働が心疾患発症に大きな影響を与えること、特に会社員や50歳以上でリスクが高まることがわかりました。一方で脳卒中については、労働時間と発症に明らかな関連は認められませんでした。

本研究では「なぜ長時間労働が体に悪いか」までは分かりませんが、睡眠不足や過労、精神的ストレスに伴う交感神経賦活などが影響していると考えられています。いずれにせよ、長時間労働の健康への悪影響が日本人労働者でも明確に認められたことで、労務担当者は労働時間管理の重要性がさらに高まったことを認識する必要があります。

PAGE TOP