産業医事務所 セントラルメディカルサポート

  • アクセス
  • サイトマップ

お問い合わせ

Column 記事

  • 2016.02.24

がん患者の就労支援(その2・厚労省ガイドライン)

2016年2月23日に厚生労働省から「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」が公表されました。このガイドラインは事業場が、がん、脳卒中などの疾病を抱える方々に対して、適切な就業上の措置や治療に対する配慮を行い治療と職業生活が両立できるようにするため、事業場における取組などをまとめたものです。
医療の発達や定年延長と関連して、がんや脳血管障害といった疾患を持ちつつも就業継続を希望する従業員が近年急増しています。相談を受けてから慌てないよう、人事担当者は事前にガイドラインを熟読しておくことをお勧めします。また3月10日には厚労省のセミナーも予定されていますので、興味のある方は下記HPからアクセスしてみてください。

ガイドラインのポイントは以下の通りです。
引用:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000113365.html

<治療と職業生活の両立支援を行うための環境整備>
○ 労働者や管理職に対する研修などによる意識啓発
○ 労働者が安心して相談・申出を行える相談窓口を明確化
○ 時間単位の休暇制度、時差出勤制度などを検討・導入
○ 主治医に対して業務内容などを提供するための様式や、主治医から就業上の措置などに関する意見を求めるための様式を整備

<治療と職業生活の両立支援の進め方>
○ 労働者が事業者に支援を求める申出(主治医による配慮事項などに関する意見書を提出)
○ 事業者が必要な措置や配慮について産業医などから意見を聴取
○ 事業者が就業上の措置などを決定・実施(「両立支援プラン」の作成が望ましい)

<がんに関する留意事項>
○ 治療の長期化や予期せぬ副作用による影響に応じた対応の必要性
○ がんの診断を受けた労働者のメンタルヘルス面へ配慮

PAGE TOP